hba1cとは?わかりやすく解説!糖尿病予備軍の人は何に注意したらいいの?

hba1cとは

一昔前の健康診断では見かけることがなかったHbA1cという検査項目ですが、このHbA1cというのはいったいどのようなことがわかるものなのでしょうか?
わかりやすく解説して行きたいと思います。

HbA1cとは何なのか?

hba1cとは

HbA1cはへモグロビン・エーワンシーといい、その正体は赤血球の中にあるへモグロビンと、血液中にある糖が結合した物質です。

ヘモグロビンはもともと酸素と結合する性質を持つたんぱく質で、肺で酸素を取り入れた後血液によって全身に運ばれて細胞に酸素を送り、二酸化炭素を受け取って肺に戻り、二酸化炭素を放出したまた新たな酸素と結びついて全身に酸素を送ることと二酸化炭素を回収して排出するという働きをしています。

このヘモグロビンですが、酸素以外にも血液中のブドウ糖とも結合するという性質もあります。
赤血球の中にあるヘモグロビンは、赤血球が寿命を迎える約4か月の間、血液に乗って体の隅々を回っていき、酸素を届け二酸化炭素を回収し、さらにブドウ糖と結合していきます。
血液中にブドウ糖が多ければ、それだけヘモグロビンはブドウ糖と結合したHbA1cとなっていきます。

糖尿病の人は血液中のブドウ糖の量が非常に多い状態になっていますので、よりHbA1cの値が高くなっていきます。
つまり、HbA1cの値が高ければ高いほど、血液中にブドウ糖が多く含まれているということになり、糖尿病になっている可能性が高くなるということがわかります。

赤血球の寿命は約4か月ですが、すべての赤血球が同時に寿命を迎えるわけではなく、約2ヶ月程度で血液中の約半数の赤血球が入れ替わります。そのため、HbA1cの値をチェックすることで、過去1ヶ月~2ヶ月の血糖の状態を知ることが出来ます。

同じように血糖の状態を調べる検査に血糖値がありますが、この血糖値は血液を採取した時点で血液中にどのくらいのブドウ糖があるかということを調べるため、血糖状態を正確に知ることが出来ないと言われています。

血糖値が低くHbA1cの値が高い場合、たまたま検査を行った時には血糖値は低かったものの、ここ1ヶ月~2ヶ月程度は血糖の状態はあまりよくなかったということになります。
逆にHbA1cの値が低く、血糖値が高かった場合にはたまたま検査を行った時には血糖値は高かったものの、通常は血糖の状態は良かったということになります。

HbA1cは通常の状態の血糖値の状態を表し、血糖値は検査を行った時の血糖値の状態を表していることになります。

当然ですが、HbA1cが低く、さらに血糖値が低い状態がベストです。

糖尿病予備軍と言われている人の多くは、通常の状態で血糖値が高くなっていることが多く、HbA1cの値が高いことがおおく、たまたま検査の時点では血糖値が低いことも多くあります。

糖尿病予備軍といわれるのは、HbA1cの値が6.0~6.4%の人になります。
そのままの状態を続けるとHbA1cの値は上昇し、本格的な糖尿病へと進行していってしまいます。
本格的な糖尿病に進行しないためにはどうしたらいいのでしょうか?

注意すべきは食生活と運動習慣

hba1cとは

糖尿病予備軍の人が注意したいのは、やはり普段の食生活と運動習慣を見直すという点です。
HbA1cの値を下げるためには、血液検査を行う前の数日に節制をしても意味がありません。長期間にわたり血糖値を上げないための努力をすることが必要です。

どうしてもHbA1cの値が高いという人は、普段の食生活で糖質が多い食事をとる傾向があり、運動習慣があまりないということが多くなります。

血液中にあるブドウ糖を減らすためには、細胞がブドウ糖をエネルギーとして使うことが必要です。
つまり、運動をすることによって細胞を活性化させてブドウ糖をエネルギーに変えることが必要です。
また、血液中に余分なブドウ糖が増えないように、ブドウ糖の元となる糖質の摂取を控えるということが必要になります。